車の運転時には性格が表れるので、運転には気を付けよう

CAR

最低速度違反はないが、流れは大切

車を運転していると、マナーの悪い人の多さにがっかりする事があります。
特に、車の流れなどを全く無視して走り、助手席の人とおしゃべりに夢中になっている車や、後続車が渋滞しているにも関わらずマイペースで運転し続ける車は大変迷惑ですし、危険でもあります。
先日も、国道を30kmで走り続けた挙句、携帯電話で話すために、路肩が広い訳でもない道路でいきなりハザードを焚いて停車した車がありました。
すぐ後ろを走っていた私の車は、慌てて右に車を避けて事なきを得ましたが、後続車からクラクションを鳴らされたりしていたので、危ないと思ったのは私だけではないと思いました。
またその日はまだ路面が凍っていたので、そのような状況での急停止は事故の誘発になります。
しかし当の本人は、後ろの渋滞も急停車も我関せずと言った顔で、止まって話しこんでいました。
最低速度制限が設けられていない限り、ノロノロと走っても違反の対象にはならないようです。なので、遅い車というのは決して道路交通法に触れているわけではないのでしょうが、遅い車の存在は、事故の誘発に繋がる事は否定できないと思うのです。
特に、右側車線を低速で走り続けている車の意味がわかりません。
このいらいらが事故になるのではないかという意見もありますが、やはり、自分だけじゃない他人も走っている道路は、速度の流れなどに従う事も大切なのではないかと思います。


NEWS POST

2017/09/01
車の運転で表れる性格を更新。
2017/09/01
スポーツカーは乗りにくいを更新。
2017/09/01
父とクラウンマジェスタの思い出を更新。
2017/09/01
最低速度違反はないが、流れは大切を更新。
TOP